隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販
隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販 > あんなに爽やかな人がまさかのストーカー 隠しカメラでストーカー対策

あんなに爽やかな人がまさかのストーカー 隠しカメラでストーカー対策

Pocket

隠しカメラでストーカー対策

北海道にお住まいのM様の体験談


私には20代前半のころ同い年の彼氏がいました。
その彼は顔もかっこよく優しい爽やかな青年といった感じで自慢の彼氏でした。
初めは彼のことが好きで細かいことは気にならなかったのですが、付き合いが長くなってくるといろいろと見えてきました。

価値観など合わないところがあり一緒に何かしていても楽しくない、と思うことが続いて私から別れを切り出すことにしました。
その時は別れ話をしてもわかったとすぐに納得してくれたのですが…ストーカーはここから始まりました。

ある休みの日、私が家でくつろいでいるとチャイムが鳴りました。
インターフォンで見てみると元彼が立っていました。

もう話すこともないからと思い、居留守を使った私ですが元彼は私の家の前をずっと離れず10分置きにチャイムを鳴らしてくるんです。
私が家の中にいると見込んでなのか、新聞受けに手を挟んで家の中を覗いてみようとしたり、ノックをしてみたりと恐怖の時間は4時間も続きました。

暗くなって電気をつけることもできず、トイレに行くこともできずで、ずっと布団にもぐって息をひそめていました。
チャイムも押さなくなり、物音がしなくなったので帰ったのだと思い、安心して部屋の電気をつけるとメールが一通きました。
「やっぱり家にいるんじゃん」
私は血の気が引くのがわかりました。

私はすぐに男友達に連絡をして家にきてもらいその日はなんとかなりました。
しかし、その後は元彼からのメール攻撃で心が疲れてしまったという経験があります。
ストーカーにはくれぐれも気を付けたいものです。