隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販
隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販 > いつもニコニコしていたおじさんがいつの間にかストーカーに 隠しカメラでストーカー対策

いつもニコニコしていたおじさんがいつの間にかストーカーに 隠しカメラでストーカー対策


隠しカメラでストーカー対策

岐阜県にお住まいのY様の体験談

私にストーカーしてきた人は同じ職場の人でした。
年齢は私が20代前半、相手は50歳は超えていたと思います。子供どころか孫までいる人でした。
その人はいつもニコニコしていて感じも良い人だったのでいい人だな〜と私は思っていました。
部署は違ったのでお昼休憩で少し話すくらいの関係でしたが、ある日何気ない会話で私が「朝早いから朝ごはん食べる時間がない」と言ったことがきっかけでこのストーカー行為は始まりました。

相手はなんと私に朝ごはんを作ってくるようになりました。手作りでおにぎりやホットサンド、紅茶などを毎朝私の机に置いてありました。

それでも初めは、親切なおじさんだな〜くらいにしか思っていませんでした。お礼も言っていました。
夏場だったのですが、アイスを私に何十個も買ってきて会社の冷凍庫に入れてくれたり、少し異常かなと思い始めていました。

おじさんは朝ごはんと一緒にメモを残していくようになりました。
そこには携帯番号と、今度の休みにお茶しませんか?と書いてありました。
私はおじさんと携帯番号交換してどうするんだ?なんでおじさんとカフェ行くんだ?おじさんには家族がいるし奥さんも同じ会社にいるのにおかしくない?と疑問が生まれ、電話はしずに直接断りました。

しかし、会社の内線を使って何度も私に電話してきたりして嫌だと思い始めていた頃に、
私が有給で休みなことを知らずにいつものように朝ごはんを机に置いていったことにより他の同僚に指摘され、朝ごはんはなくなりました。

その後特に話さなくなり私が避けるようになったら、なんで僕たちこんな風になっちゃったんだ…とか二人しかいないところで言われて怖かったですね。
その後私は会社を辞めたので関わりはありません。