隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販
隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販 > アルバイト先の店長がストーカーに 隠しカメラでストーカー対策

アルバイト先の店長がストーカーに 隠しカメラでストーカー対策

Pocket

店長がストーカーにイメージ画像
※画像はイメージです



大阪府にお住まいのS様の体験談。


アルバイトの先の店長にストーカーをされた話です。
学生時代、週に3日ほどダイニングバーで働いていました。私はいつも16:00~24:00の時間で働いていたのですが、従業員はみんな仲が良く、仕事終わりに食事に行ったりと和気藹々とした職場でした。

ある時、店に行くと店長が一人で悩んでいる風でした。話を聞いたところ、最近の売り上げが低迷しているとの事でした。私は飲食店の経営に興味があり、自分も経営学部出身だったので、自分なりにお店のことを考えて意見を交わしました。

後日、授業の合間などにも経営の勉強をして、私なりの改善プランを店長に提出しました。店長は大変驚いていましたが、とても喜んでいました。

その後、店長からお礼がしたいといわれ食事に誘われました。2人きりで行くのには少し躊躇したのですが、改善プランのお礼だという事で、2人で行く事になりました。飲んでいると突然、店長からお店の事を真剣に考えてくれる私を尊敬するし、とても好きになったから付き合って欲しいと告白されました。

とても驚いたのですが、私には一切そういった気持ちは無い事、ただ経営に興味があって協力しただけという事を力説しました。しかし翌日から店長から毎日メールが入るようになり、アルバイトの後も食事に誘われる事が多くなりました。また自宅近くで偶然出くわす事も度々ありました。居心地が悪くなってお店をやめたい旨を店長に伝えると、なぜか店長は裏切られたと激高しだしました。

普通ではないと怖くなった私は知り合いの行政書士さんに相談した所、メールや付きまといを辞める様にという内容証明を店長に送ってくれました。また、その店舗を経営する会社にも相談してメールなどはなくなりました。それ以降、異性への接し方へはとても神経質になりました。