隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販

隠しカメラでストーカー対策!

Pocket

ストーカーイメージ画像
ストーカーという言葉が有名になって、もう何年たったでしょうか?

ここ何年かでストーカーはとても凶悪化しています

そんなストーカーから身を守るためにも隠しカメラは有効です!

もしも後をつけられていると感じたらペン型カメラを後ろ向きにバッグにセットして撮影します

店の中にもついてくる!そんな場合はキーレスカメラやミントケースカメラなどで撮影!

毎回同じ人物が映っていたり不審者を特定できた場合には

証拠として警察や弁護士に相談しましょう!


家の周りをウロウロされているような場合には、人感センサーの付いたセンサーライトをつけましょう!

ホームセンター等で乾電池式のが売っているのでそれを付ければストーカーが来た際に光るので嫌がります!

家の中に侵入される恐れがある場合玄関のドアに振動を感知したらブザーが鳴るセキリュティセンサーを付けます

これもホームセンターや防犯対策のお店で購入出来ます!


家の中に侵入された形跡がある!こんな場合は、動体検知機能付きの置時計型カメラがおすすめです!

侵入された場合動きを感知して録画するので後の証拠として提出できます。


以上に紹介した方法はあくまでストーカー対策なので、本当に危険が迫っているときには

一人で悩まずに最寄りの警察署にご相談下さい!



つい先日もテレビでストーカー殺人事件のことを特集していました!

社会を騒がせ続けるストーカー!

歪んだ愛情による身勝手な犯行!被害は後を絶たない

だが、その事件は想像を超えていた!

群馬町で一家3人を殺害した後女性が帰るのを待ちぶせしていたのだ

仕事先で知り合った20歳の女性に一方的に思いを募らせ

必要に付きまとったその男

交際を断られると、祖母、母、父を殺害

その男の名は指名手配犯・小暮洋史容疑者(現在44歳)

ストーカーに怯える女性たちのために被害女性が語ってくれた

被害女性曰く、思い出すと震えが止まらないという

小暮洋史容疑者は群馬県で被害女性A子さんを付け回したあげく

三人の生命を奪った最凶最悪のストーカー!

逮捕に協力出来るならとA子さんが自分を支え続けてくれた

兄とともに取材に協力してくれた

ストーカーは何故自分ではなく家族を襲ったのか!?

あの日いったい何があったのか!?

A子さんが苦しみを乗り越え事件当日の様子を語ってくれた

一番最初は、もう死んでしまいたい気持ちだった

でも、あの夜に起こった事は自分もあの場にいて経験したことだから・・・

A子さんが容疑者にあったのは事件の2年前

当時20歳のA子さんは薬局に勤務

明るく美人の彼女は人気者だった

そのA子さんのドラッグストアに荷物を搬入していたのが

運送会社で働く小暮洋史容疑者だった

人付き合いが苦手だったという小暮洋史容疑者

顔を合わせるうちに一方的に思いを募らせていった

そしてストーカー行為が始まる

A子さんが帰宅をするのを待ちぶせ、車でその後をつけた

そしてA子さんの自宅を特定

彼女の名前と住所を知った男は

電話番号を調べあげたとみられる

無口で人見知りするタイプだったという小暮洋史容疑者だが

A子さんに対しては急に電話してきて

俺誰だかわかる?A子さんがどなたですか?と対応すると

薬局であってるじゃない、配達の・・・

そう言うと一方的に、今度遊び行こうよ、いつがヒマ?

どこ行きたい?などと一方的に言われたという

A子さんは小暮の誘いを断っていたのだが

ある日、職場の同僚に誘われボーリングに行くことに

しかし、A子さんは沈んでいた、その理由は

同僚が声をかけた男性メンバーの中に、あの男がいた!

A子さんだけを、ジッと見つめていたという

この日を堺に男のストーカー行為は更に執拗になっていった

そして遂に、父から、今日小暮って人がきたぞと告げられた

実は、その日の日中、娘さん居ますかと、小暮が自宅に訪ねてきていた

父親が、今出かけてますけどというと男は爪を噛み

その場を後にしたという

自宅に迄現れるようになった小暮洋史容疑者

今度は電話をかけまくり、A子さんでなければ常に無言

繰り返される無言電話は深夜にも及んだ

エスカレートしていく小暮洋史容疑者の異常なストーカー行為

不安を覚えA子さんは車で通勤することに

だが、ある日車に戻ると何かが置かれていた

小暮洋史容疑者からの手紙だった

今日仕事終わったら会えないかな

何時でもいい待ってるからと手紙には書かれていた

そして背後には男の姿が

A子さんが話って何?何が言いたいの?と問い詰めると

小暮はもういいよといって立ち去った

A子さんが車を置いて逃げた、その日の帰り

気配を感じ振り向くと、そこには車で尾行する小暮の姿が

これが事件前、A子さんが小暮洋史容疑者見た最後の姿だった

A子さん曰く、何をするかわからない怖さ、この人何かするんじゃないかな

歪んだ愛情は、遂に男の中で憎しみと化したのか!?

事件の10日前、小暮洋史容疑者はメモを残して会社を辞めた

この時既に犯行を決意していたのだろうか?

1998年1月14日そして惨劇の日をむかえてしまう

関東地方が大雪に見舞われたその日

小暮洋史容疑者はA子さんの自宅に向かった

そして家の中へと入った

だが、その時家に居たのはA子さんの祖母トメさんだけだった

男は首を絞めて殺害、家の中に身を潜めた

そこへ、母千鶴子さんが帰宅、すると男は台所にあった包丁で殺害した

その日は千鶴子さんの48回目の誕生日だった

続いて、午後8時30頃、父、武夫さんが帰宅するとめった刺しにして殺害した

家の中で待ち伏せし3時間足らずで3人の生命を奪った凶悪事件

男はトメさんの遺体を階段下に

両親の遺体を風呂場に隠し、また、家の中に身を隠した

午後9時、何も知らぬA子さんが帰宅、母の誕生日を祝うつもりだった

だが待っていたのは殺人鬼だった

男は玄関でA子さんに襲いかかった

小暮洋史容疑者は玄関脇の部屋にA子さんを押し込んだ

そこは祖母トメさんを殺害した場所

A子さんと小暮2人だけの戦慄の時

夜10時40分、男は出て行った

だが、その後A子さんは男による凶行による惨劇の後を目の当たりにした

自分を狙う男によって最愛の祖母、両親を殺害されてしまった

小暮洋史容疑者は今なお逃走を続け目撃証言なし

A子さんは自分さえいなければ皆殺されずに済んだのではないかと悔み

自殺まで考えたという・・・

本当に許せない事件ですね、早く犯人が捕まることを祈っています。



2013年10月にもストーカーによる悲惨な事件が起きてしまいました

東京都三鷹市で私立高校の3年生の女の子(18)が

以前交際していた池永チャールストーマス容疑者(21)に

別れ話のもつれの末に殺されてしまったのです

二人は約2年前にフェイスブックで知り合い交際に至ったとのことでした

女の子の自宅のクローゼットの中に身を隠していた

池永チャールストーマス容疑者は首を切りつけ逃げる女性に

馬乗りになって、さらに刺したようです

警察は池永チャールストーマス容疑者が

強い殺意をもち犯行に及んだとみているとのこと

女性は警察にも相談していましたが、悲惨な結果になってしまいました。

また、このような事件が起きてしまいましたね。。。

ストーカー被害者にできることは

脅迫メールやつきまといなどのストーキング行為証拠を保全し

一刻も早く警察に相談することです。

後はセキュリティ会社にお願いしたり

金銭的に余裕の無い方はホームセンターなどで売られている

窓を開けられたりしたら警報音がなるグッズなどで自衛しましょう。


三鷹ストーカー刺殺事件の全容が明らかになってきました

2013年10月8日女優を夢見ていた鈴木沙彩さんがその未来を突然たたれてしまった…

小学生の時スカウトされ初めて映画に出演!

女優への道を歩んでいた少女がストーカー行為の末に殺害された

逮捕されたのは元交際相手の池永チャールストーマス容疑者(21)

事件から4日が立ち執拗な事件の詳細が明らかになってきました

火曜日に事件は起きた、午前9時過ぎ沙彩さんは両親と共に

三鷹署を訪れ池永容疑者のストーカー行為を相談

それを受け三鷹警察署員が池永容疑者の携帯電話に3回警告電話

しかし繋がらず、警察署に折り返し連絡するようにメッセージを残したという

伝言を容疑者は聞いていなかった、何故なら携帯の番号は池永容疑者の知人のものだった

そして、同じ日の午後、池永容疑者は2階の窓から侵入し

1階の鈴木さんの部屋のクローゼットの中に潜んでいました

そのことを知らず、帰宅した沙彩さんは

午後4時40分過ぎ、三鷹警察署員から安否確認の電話を受けた

安心である場所のはずの自宅、しかし、そこには池永容疑者が息を潜めて隠れていた

池永容疑者は鈴木さんが誰かと携帯電話で話しているのを聞いたという

そして、電話の直後、午後4時50分頃

クローゼットから出た池永容疑者が沙彩さんを襲ったとみられている

家の外に逃げた、沙彩さんを池永容疑者が執拗に追いかけ

馬乗りになり、首や腹など何カ所も切りつけた!

犯行後、容疑者は京都にいるフィリピン人の母親に電話した

容疑者の母親の知人曰く電話で池永容疑者は非常に慌てていたとのこと

犯行から一時間半、池永容疑者は600メートル離れた路上で逮捕された

その状況を見ていた人は、容疑者が一瞬捜査員から逃げようとしたとのこと

しかし、その場で3人の捜査員に取り押さえられた

池永容疑者は動機について交際関係で恨んでいた、殺すつもりで刺したと供述した。

何故!?殺人事件にまでなってしまったのか?

東京都と京都で暮らす二人の若者

殺害された鈴木沙彩さんは都内の私立有名高校に通っていた

人気者だったという

鈴木さんが通っていた高校の校長は

勉強もできて明るく、英語が大好きで

ネイティブの先生からも素晴らしいと評価を受けている生徒だったという

沙彩さんの祖母の弟は、脚本家の倉本聰さん

タレント事務所にも所属し学業の傍ら女優のタマゴとしても活動

去年9月に撮影された映画では主演の座を射止め

複雑な家庭で育った女子高生役を演じた

映画の監督佐藤瑞生さんは沙彩さんの素顔を話した

普段はすごく元気で明るい子というイメージ

存在感があって、人を惹きつける目力をしている役者さん

東京で両親の元、有名女優になることを目指し

沙彩さんは暮らしていた。。。

一方、京都で暮らす池永容疑者は

日本人の父親と、フィリピン人の母親との間に産まれたハーフ

京都市内の中学・高校に通学していて真面目な生徒だった

同級生の話ではアニメソングが大好きで

いじられキャラ、面白くて周りを笑わせるタイプ

学年で知らない人はいないくらい、けっこう目立った生徒だった

活発で明るい少年だったという池永容疑者

高校の卒業文集に、

世の中にはどれだけ頑張ってもどうしようもないことがあります

そんな状況を人は絶望というのでしょうと綴っている

高校時代、容疑者には彼女はいなかった

卒業文集には、理想の女性を”容姿端麗、理知的な人”と書いている

東京と京都に住む二人が知り合ったきっかけはフェイスブックだった

一昨年の12月、池永容疑者19歳、鈴木佐彩さん16歳の時の出会いだった

インターネットを通じ知り合った二人は交際を始める

その時に池永容疑者は、鈴木さんに対し関西の有名大学の学生と偽った

池永容疑者の母親は交際を始めた息子の様子を語った

母:”交際は一昨年の12月頃からです

鈴木さんとの交際はトーマスの自慢でした”

しかし、去年の9月頃、沙彩さんが別れ話を切り出すと容疑者は…

母:”トーマスは落ち込み悩んでいました

(私は)そっと彼女の夢を応援し、鈴木さんの気持ちを尊重するように言いました”

しかし、池永容疑者は母親の言葉に従わず

3月頃から、沙彩さんに復縁を迫る電話やメールを送るようになった

二人がわかれた後の5月、フェイスブックには

まだ二人が付き合っているかのような写真が載せられていた

6月になると沙彩さんは池永容疑者からの着信を拒否

なおかつ、父親が娘に連絡しないで欲しいと電話口で注意

この頃から容疑者のストーカー行為がエスカレート

直接連絡が取れなくなると共通の友人を介して脅迫メールを送ってきたという

そして、事件を起こす11日前、先月27日池永容疑者は夜行バスで上京

その前日、親友に対ししばらく会えなくなるからというメッセージを残した

”築いてきた思い出は心に深く刻み込まれている。出会えて良かったよ。”

”永らくのお別れになるけどごめんな、そしておおきに”

覚悟を決めた上での上京だったのか・・・

東京に着くと容疑者は都内の量販店で凶器のナイフを購入

今月の1日・4日に沙彩さんの自宅近辺で池永容疑者の姿が目撃される

近所の人は、ずっと座っていた、何してるのかな?と思った

10分もしないうちに、ふらっとどこかへ行ってしまった

そして火曜日、惨劇はおこってしまった!

最愛の一人娘を失った両親はコメントで

”私達は今、苦しくて悲しい思いの中におります
娘を大切に育てたつもりです、娘を厳しく育てたつもりです
そして娘を守る決心をしていました、しかし娘は旅立ち
神様のみ許にまいります”

池永容疑者は、素直に取り調べに応じているものの

沙彩さんへの謝罪は口にしていない。

その後の取り調べで容疑者は

女子高校生の家の隣の家の屋根の上に

犯行の当日午前4時ころから8時間潜んでいたことがわかりました

その後、鈴木さんの家に正午前に侵入した

警視庁は犯行当日隣の家の屋根の上に8時間潜伏後

鈴木さんの部屋に侵入しクローゼットに身を潜め

犯行に及んだと見ている。





2013年10月27日

岐阜在住の女性にメールを31回送りつけた東電主任逮捕!

岐阜県警は27日岐阜の女性にしつこく繰り返しメールを送った疑いで

東京電力多摩支店主任の志村弘(57)をストーカー規制法違反容疑で逮捕

志村弘容疑者は9月13日から10月15日までにかけて

岐阜県内に住む20代の女性に会いたいなどと、

計31回ものメールを送信した疑い。

志村弘容疑者とは飲食店で知り合い、好意を持たれ

8月にこの女性は一方的にメールが来るようになったと県警に相談

今回の逮捕にいたった。

詳しい詳細はわかりませんが

コレぐらいの事で逮捕されてしまうなんてと思うのは私だけでしょうか

メールも31回と大した数ではないような…

暴言や脅しなどがあったのでしょうか?

やはり三鷹刺殺事件の後なので警察も過敏になっているのかな?

とにかくコレぐらいの事でも逮捕されてしまう世の中になってしまいましたね。




逗子ストーカー事件

神奈川県逗子市で去年の11月、三好梨絵さん事件当時33歳が

過去に交際していた元教員(男40歳)に刺殺された事件から1年がたった

人が好きで、友達も多く人ととの出会いが嬉しくて

仕方のない様子だった三好梨絵さんはストーカーによって尊い生命を失ってしまった


暗躍した探偵

三好さんは、家を引っ越し、最寄りの駅を変え

身を隠すように生活しながら

元交際相手のストーカーを警戒していました

しかし、逮捕された探偵たちに住所を突き止められてしまった

そして、その情報はストーカーに伝えられ

三好さんは殺害されてしまった

探偵たちは三好さんの個人情報をどうやって得たのか?

その手口とは?

逗子市役所は、事件前日

納税課で三好さんの個人情報にアクセスした形跡を確認

職員に確かめた所、全員が記憶にないと話していて

流出までは確認ができていないとのこと

住所が漏れぬよう市に対して個人情報の閲覧制限を求めていた三好さん

もし、市役所から漏れたとするとどんな方法だったのか?

今年6月、探偵らがガス会社から個人情報を引き出したとされる事件

名前を突き止めてほしいという調査依頼をうけ、とった方法とは

契約者になりすまし電話調査をする電調という方法だった

ガスの契約をしている●●だ住所はと…

その際、名前は早口でしゃべりはっきりと伝えず

そして、支払いは口座振込みなのに請求書がまわってきた

どういうことだ!!と恫喝

お客様、もう一度お名前をお聞かせいただけますか?

さっきいったろ!と言いがかりをつけ威圧

そして、名前を聞き出す

俺の名前を、ちゃんと登録しているんだろうな!

確認させてもらうぞ!とまた威圧

フルネームは?と強い言葉で畳み掛け

個人情報を聞き出したという

探偵らは同じ電調という手口で

三好さんの個人情報を逗子市役所から聞き出したのだろうか?

依頼を受けストーカーの男に伝えられるまで、僅か2時間だった

その、翌日、三好さんはストーカー男に殺害されてしまった

個人情報が知らない間に漏れる、それは人ごとではないという

他の、探偵会社に聞いたところ

フルネームとおおよその住んでいる場所がわかれば

生まれた時から現在に至るまで全部わかるとのことだった

個人情報が金でやりとりされる時代に起きてしまった悲劇…



警視庁ストーカー対策ホームページです

ストーカー規制法とは  この法律による規制の対象となるのは

ストーカー事案の概況

ストーカー被害にあったら







同業者様各位、最近コチラの文章のコピー、リライト等が後を立ちません!当サイトのオリジナル文章には著作権が発生します。コピー、リライト(手直し)等発見次第、もしもDSに通報します。(定期的にコピーチェックツール影武者でチェックしています)後、CCC (Check Copy Contents)のプラグインもインストールしてあるので、コピーされるとメールが知らせてくれます。