隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販
隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販 > 嘘に引っかかってストーカーになるなんて 隠しカメラでストーカー対策

嘘に引っかかってストーカーになるなんて 隠しカメラでストーカー対策


新潟県にお住いのC様の体験談

30代の頃、数合わせの為に合コンに参加した時の話です。
普段なら誘われても参加しないのですが、その時は「相手も貴女は数合わせの為に参加することを知っているから」と言うので参加することにしました。

とりあえず、数合わせで参加するにしても彼女たちに恥をかかすわけにもいかないので、相手側の事を一応聞いてみました。
話を聞いて、「みんな20代だから、30代の私は数合わせだと分かっているのね。」と、勝手に納得していました。

合コンは楽しく過ごすことが出来、彼女たちにも恥をかかすことなく、その日はお開きになりました。
数合わせの私は、誰ともメール交換等をしなかったので、まさかストーカーされるなんて思ってもいなかったのです。

最初はメールで、「昨日は楽しかったですね。また会いたいです。」という内容でしたが、誰だか分らないので消去しました。
それから、毎日「なんで返事くれないのですか?」「僕が分からないんですか?」等のメールが3ヶ月ほど続き、怖くなったのでメアドを変更したのですが、どこから聞いてくるのか変更後もメールが届くので、警察に相談しに行きました。

「それは、ストーカーですね。何か覚えはないですか?」と言われても、私には何も思い出すことがなく悩んでいると、「ここ2,3ヶ月の間に飲み会とかしてないですか?」と言われて、「数合わせで参加した合コンならありますけど、誰にもメアドは教えていません。」と答えましたが、このままという訳にもいかないので、参加した人や場所を教えて調べてもらう事になりました。

そして、分かったのはストーカーのキッカケになったのは、私に参加を頼んできた彼女が「私が相手を気に入った」という嘘をついて自分が付き合うキッカケにしようとした事が、今回の事態を起こしたという事でした。
私はメールだけのストーカー被害に遭いましたが、彼女の嘘に引っかかって、返信をしない私をストーカーした男性も、被害者なんですよね。