隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販

思わぬ場所でストーカーに遭遇


東京都にお住いのM様の体験談

務めていた会社の帰り道、見知らぬ男性に声を掛けられました。
知らない人だったので、無視をして通り過ぎましたが、翌日もその翌日も、その男性は同じ道に立ち、私に声を掛け続けました。
「一度で良いのでお話させてください」と、毎日後をつけて来るので怖くなって走って逃げましたが、そのうち男性は会社の帰宅時間以外にも、勤務中の外出先にまで出没する様になりました。

それでも無視して逃げ続ける日々が続きましたが、ある日、思わぬ場所で恐怖の瞬間に遭遇してしまいました。
務めていた会社の中のエレベーターにストーカーが乗り込んでいたのです。

その会社は自社ビルで、訪問者も受付で待つシステムであった為、関係者以外が使用する事は殆ど無く、私も油断をしていました。
今まさに自分が乗ろうとしていたエレベーターの扉が開いた瞬間、毎日しつこく付きまとうあの男性が、ただ一人笑みを浮かべながら立っている姿を見た時の恐怖は忘れられません。

直ぐに職場に逃げ帰り、上司に助けを求めてエレベーターに戻りましたが既に男性の姿は消えていました。
会社の中にまで入って来るとは考えてもいなかったので、
恐ろし過ぎてその後も落ち着かず、そんな恐怖に怯えながらの勤務は精神的に耐え難くなり、会社を退職する結果となりました。
それ以降、遭遇する事も無くなりましたが、見し知らぬ人の不気味な行動のせいで仕事を辞めざるを得なかった事は本当に悔しかったです。