隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販
隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販 > 登下校中ストーカーに目を付けられた格闘技をやっている私 隠しカメラでストーカー対策

登下校中ストーカーに目を付けられた格闘技をやっている私 隠しカメラでストーカー対策

Pocket

京都にお住いのM様の体験談

私が高校に入ってすぐのころ、部活とバイトの両立をしていた私はかなり夜遅くに帰ることが多くなりました。
家はド田舎にあります。街灯も少なく危険な道だったと思います。
ある日帰り道を歩いているとなんとなく人がいるような気がしました。どこを見渡しても人は居ません、でも見られている気がしたので早歩きで帰りました。

親にも警察にも言いませんでした。まだ確信はないし大事にすると通学しにくくなります。
部活もバイトも辞めたくなかったので彼氏にだけ言いました。
彼氏は疲れているにもかかわらず送り迎えをしてくれました。

それでもまだ人目を感じました。たまたま一人で帰ることになりその日は部活もバイトも参加しませんでした。
明るいうちから帰ろうと思いました。ストーカーはさすがにないと思いながらもいつも通りの道で帰りました。
ですがいたのです。本当にびっくりしました。いつもより4時間は早い帰宅です。

ということはずっとその場にいたということです。何とも言えない恐怖で声も出ませんでした。
次の日は母に理由も言わず休みました。彼氏にも送り迎えをやめてもらうことにしました。
万が一彼氏に何かあってはいけないと思いました。そして登校した日事件は起こりました。

手を掴まれたのです。空手をやっていたのですが反射的に足が出ました。足が震えて上手く走れませんでしたが
家とは反対のスーパーに入りました。母に迎えに来てもらい警察に行きました。
その後遭遇はしていません。