隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販
隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販 > ファンがストーカーに豹変した 隠しカメラでストーカー対策

ファンがストーカーに豹変した 隠しカメラでストーカー対策


大阪府にお住まいのN様の体験談

自分の女友達にタレントになっている人がいるのですが、その人の体験談がすごい恐いです。

タレントをしている友達は、イベントに出演すると定期的に来てくれるファンがついているくらいの人気がありました。あるイベントの舞台で司会者に最近ハマっていることはありますか?と聞かれたみたいで、「自分はテディベアを集めることにハマっているんです。」と舞台で言ったそうです。数日後に、それを聞いたファンからテディベアをプレゼントで送ってきてくれたみたいで、その中に一体、なかなか見つけられなかったレアなテディベアがあったそうです。これは相当嬉しかったらしく一番目の付くとこに置いていたそうです。

友達がいるタレント事務所は、あまり恋愛には厳しくなく、個人の自由にしているそうで友達も高校生の時から付き合っている彼氏がいました。当然、彼氏なので友達の家に行き来していました。ある日、友達の家で彼氏とまったりしていると「あのテディベアはどうした?」と彼氏がレアなテディベアを指差して言いました。「ファンからのプレゼントで貰ったんだ。なかなか見つけられなかったからチョー嬉しい」と友達が言ったそうです。彼氏はふーん、よかったなと素っ気なかったので友達は焼きもち焼いたかなと思い、彼氏がかわいく見えてイチャイチャしたそうです。

次の日、仕事が終わり家のポストを見ると封筒にも便箋にも入っていない2つ折りにした紙が入っていました。中身を見ると(昨日の男と別れろ)と殴り書きで書いていたそうです。背筋がゾクッとして誰かに見られているように感じ、後ろを振り向くと10m先くらいにこちらを見ている男がいたそうです。恐くなり走って自分の家に帰り、すぐに彼氏に電話し、事情を話しすぐ家に来てもらいました。

家に入ってきた彼氏はすぐにレアなテディベアを引きちぎりました。すると中から小型のカメラが入っていました。彼氏はそれを見て「やっぱり。昨日なんか違和感が感じるなっと思ったんだ。」と言ったそうです。カメラを潰して、彼氏の家に逃げ込んだそうです。友達の家は解約して、少しの間彼氏の家に居たそうです。