隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販
隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販 > バイト先のストーカー 隠しカメラでストーカー対策

バイト先のストーカー 隠しカメラでストーカー対策


東京都にお住まいのG様の体験談

私は高校一年になると同時にアルバイトを始めました。初めてのアルバイトで覚えることも多く毎日毎日緊張しながら働いていました。

やっと仕事がなれてきた2ヶ月頃だったと思います。私が店内の掃除をしていると2人の男性に声をかけられました。「今いくつ?どこの学校?」

うえっと思いましたが、相手がヤンキー基質だったので、軽い気で話したんだろうなと思いました。それがまさかストーカーになるとは。

そこからそのふたりは毎日バイトの日にいるようになり、話しかけてくるようになりました。

その時、前略プロフというものが流行っていて私もやっていました。ある日突然、2人のうちの1人から前略プロフへの書き込みが来たのです。

その時私は思いました。ストーカーだと。
まさかわたしのことを探し出し、接点を作ったのです。何も返信等はせず、とにかく刺激しないようにいつも通りバイトに行きました。

バイト先につくと上司から、「あのふたり最近ずっといるし、話しかけられてるけど大丈夫?」と言われたのです。上司も少し気づいていたのですが、特に何をされたわけではなかったので大丈夫とだけ伝え、仕事をしました。

そこからあまり話しかけられなかったのですが、数日たって、従業員から死角になる場所に座るようになりました。

私がふとその方向を見ると、携帯のカメラがこちらに向いていてカシャっと音がしたのです。
さすがに恐怖心を覚え、上司にすぐ報告。

今まであったこと、その日あったことを伝えると、「ストーカーだね。今日は帰りな」と言ってくれました。

まさか自分にストーカーがつくなんて思いもしていませんでした。それ以来その人がいるとお客さんに関わらない場所で仕事をさせてくれるようになりましたが、やはり出勤時などは怖かったためそのバイト先は辞めました。

突然現れるストーカー、とても怖かったです。