隠しカメラ秋葉原:動体検知&暗視補正ばれない隠しカメラ長時間通販

DV対策に隠しカメラ!


ドメスティックバイオレンス

今密かに増えているDV(ドメスティックバイオレンス)

彼氏や夫からうけるケースが多いですが

逆に、女性が男性に行うケースも増えているとかで

この場合もかなり痛めつけられるハードな暴力が多いようです

DVは日常化していることもあり

下手をすると後遺症や死亡してしまう場合もあるので注意が必要でしょう

恋人同士や夫婦間で日常的に暴力をうけている場合

脅かされたりして告白できない事もありますが

例えば、お前の実家に行くぞとか

お前の両親や親戚に手を出すぞ!

などと脅かされたりしたり、または恥ずかしい写真や動画を撮られて

この動画をネットにばら撒くぞ!などと

リベンジポルノのような脅しもあるかもしれません

こういったことをする人達は遺伝的な場合も多いらしく(親もそうだった等)

中々治らない場合が多いようですので

いつかは、変わってくれるのではないか?といった希望は持たないほうがいいでしょう

そしてDVをおこなう人達は、暴力を巧みに操り精神的に圧力をかけるのが上手く

DVをおこないながら、お前が◯◯だからなどと理由をつけて

被害者に自分が悪いんだ、などと思い込ませ、精神を支配するのが得意です

なのでDVに長年、苦労する人も少なくなく行政も対応に追われています

こういった暴力行為などは、警察や弁護士に相談しましょう

その際に証拠となるものがあれば警察も動きやすいと思います

そこで、隠しカメラでパートナーにバレずに、こっそりと撮影し

後日、証拠映像として、提出すれば、相手は逮捕され

離婚や別れ話がスムーズに展開すると思います

深刻にDVでお困りでしたら

こちらのサイトなどを、ご参考にしてください


DV支援マップ

トラウマなどの悩みに











同業者様各位、最近コチラの文章のコピー、リライト等が後を立ちません!当サイトのオリジナル文章には著作権が発生します。コピー、リライト(手直し)等発見次第、もしもDSに通報します。(定期的にコピーチェックツール影武者でチェックしています)後、CCC (Check Copy Contents)のプラグインもインストールしてあるので、コピーされるとメールが知らせてくれます。